T字カミソリとI字カミソリを併用

私のムダ毛処理・脱毛8

私のムダ毛の処理方法は少々効率が悪いのかもしれません。何故なら二つのカミソリを使用しているムダ毛処理だからです。その二つのカミソリとは両方とも100円均一ショップで購入したもので、一つは貝印K2のT字カミソリでもう一つは同じ貝印のフェイスカミソリです。以前は前者のT字カミソリのみで足や腕のムダ毛を処理していて、とくに足のムダ毛処理に関してはT字カミソリの方が処理しやすいのです。

 

ところが長い間T字カミソリでムダ毛処理を行っていると処理あとの肌に剃り残しを感じるようになったのです。T字カミソリを新しい刃に変えてムダ毛処理を行ったにも関わらず剃り残しを感じていたので、何故だろうと思ったら以前よりもムダ毛の毛根が太くなっていたのです。そこで考えたのがフェイスカミソリを併用するという事でした。

 

このフェイスカミソリは主に眉毛や顔のうぶ毛剃り用として購入していたのですが、使う頻度が少なかった為にムダ毛処理用として使う事になったのです。フェイスカミソリは先に述べたとおり剃り残しを感じる箇所に活用するので、まずはT字カミソリで剃った後に手のひらで足の表面の感触を確認します。ジョリジョリした感覚があったら、その周辺の皮膚を伸ばして剃り残った毛を立たせるのです。

 

ヒゲ剃り用のジェルを塗ったらフェイスカミソリで剃ります。ここで分かるのはフェイスカミソリの刃に剃り残したムダ毛が付着するので、どれだけ剃り残しがあるのか理解できます。ただし、I字カミソリならではのデメリットも発生してしまうので最初の頃は注意が必要となります。やはりT字カミソリに比べてI字カミソリは剃りにくいというデメリットが出てくるのです。

 

私の足のムダ毛は360度に渡って生えているので脛回りの剃り残しは剃れても、ふくらはぎの剃り残しは剃りにくのです。したがってふくらはぎ付近を剃る際には慎重に行わないといけません。ただT字カミソリのみでムダ毛処理を行うよりはT字I字を併用する方が圧倒的にスベスベ感があるので、これからもこのムダ毛処理方法を使っていきます。