ケノンを使用して青ヒゲから脱却

家庭用脱毛器利用者の声2

彼女との同棲が決まり、私の家にケノンが運ばれてきたのが私と家庭用脱毛器との出会いでした。家庭内での脱毛といえばカミソリでするものと思い込んでいたので、そういった商品が販売されているということ自体が新鮮で、驚きを感じました。

 

彼女が使用しているところを見ていると、これは男性も使えるからやってみる?と言われ、興味本位で手を出してみることに決めました。私は体毛そのものはさほど濃いというわけではないのですが、ヒゲに関してだけは話が別です。

 

半日放置しているだけで目視できるほどヒゲが伸びてしまいますし、いくらきれいに剃っても青ヒゲが残ってしまうんです。ケノンはヒゲに対しても使用できるということで、長年の悩みが解決できればいいなと思い、ヒゲに対して使ってみることにしました。

 

照射の強さに関しては彼女の監修を受けながら使ったので、そんなに痛みを感じるということはありませんでした。しかし弱すぎても効果が出ないということで、レベルを一定の高さにまで上げたところ、さすがに少し痛みを感じました。

 

それでも肌が赤くなってしまうということは無かったですし、辛いと思うこともありませんでした。ヒゲに変化が出てきたのは、ケノンの照射3回目の後くらいからでしょうか。

 

全部がパッと消えるわけではないのですが、以前の状態と比較して明らかにヒゲの密度が薄くなっているように感じました。ヒゲ剃りをした後の肌の見た目が以前の写真と見比べても確実に変わっていましたし、彼女からも好評でした。

 

やはり青ヒゲについては昔から気になっていたようで、できれば改善してほしいと思っていたようです。その後もケノンを使うほどに青ヒゲの状態は良くなり、10回を超えたあたりからヒゲ剃り後の青ヒゲがほとんど目立たなくなりました。

 

毎日時間をかけて行っていたヒゲ剃りも、今は5分あれば充分に片付くほどになりました。現在はヒゲだけではなく、彼女の要望に合わせて脚もケノンを使って脱毛するようにしており、だんだんツルツルになってきています。